病歴ブログ

病人の病人による病人のためのブログ

【体験談】尖圭コンジローマになった話

      2016/03/31

女性の尖圭コンジローマ(コンジローム)体験談です。突然の謎のデキモノ?
尖圭コンジローマの症状、治療法など私が経験してきたことを残しておきます。参考になれば何よりです!

ただの膣炎?からの謎のデキモノ!

以前、細菌性膣炎になったことを書いたのですが、その数カ月後の出来事でした。
なんかちょっと最近オリモノがまた増えてきたなと思ってフラジールを入れつつ様子を見ていました。
オリモノが多くなってきたのでぼちぼちまた婦人科に行かないとな…と考えていた頃、お風呂に入ったときでした。
性器の付近(膣前庭といえばいいのかな?)に明らかに何かボコっとした手触りが・・!
ちょっと触ってみるとデキモノが無数に、しかも中に向かって増えてる…?

直感的にコンジローマだと確信する

膣炎になったときに性病について調べまくったからでしょうか。
私の頭にはすぐに「 コ ン ジ 」の三文字が浮かびました。
お得意のグーグル先生に聞いてみると

尖圭コンジローマの症状

・感染後1~2ヶ月くらい潜伏期間をおいて感染部位にイボができる
・イボに痛みやかゆみはほとんどなく発見が遅れやすい
・先がギザギザというか鶏のトサカのように尖っているのが特徴
・性器や肛門のまわりにできて口の中にもできる場合がある
・放っておけばどんどん増える
・イボは自力で潰しても治らない

ああ、そうですね。これだと思います。って感じでした。
いつ感染したのかさっぱりわかりません。
感染ルートは大体が性交渉とのことでとりあえず同居人に相談。
同居人に症状はなく、結果的に彼は数ヶ月経っても発症等ありませんでした。
しかし私自身風俗や浮気などの経験はなく、おそらく温泉(公衆浴場)もしくは公衆トイレくらいしか感染経路は思い当たりません。今でも原因は不明のままです。

尖圭コンジローマを確信しつつ病院へ

前回の婦人科の先生がもう嫌だったので、違う病院へ行くことに。
今度の先生は男の人だけどTHE無愛想。
ワンチャン膣前庭乳頭炎とか無害なものであることを祈りつつ診察室へ
「検査もありますが視認の方が確実なんでまぁほぼ確実にコンジローマですね」
とのこと。さらに
「この病院では薬を塗るくらいしかできないけど、あなたの場合奥にもできていてそれなりに大きいので塗り薬では治りません。外科的処置のできる病院に行ってください。保険の聞く所なら2,3万くらいで治ります。」
とサラっと言われました。紹介状のこととかも聞いてみましたが
「うちではなんの処置もしてないですからね、まぁ書けますけど…」
え?どっち?と思いつつよくわからないのでその日は何もせず。
あと先生にパートナーが発症してない場合何かできることはないか聞いたら
「ヒトパピローマウイルス(HPV)は必ずしも発症する訳ではありません」
「発症してなくて病院に行っても恥ずかしい思いするだけですよ」

と、半笑いで言われました。
心のなかで“ああ、この病院にももう来たくないな”と思いつつ薬等も特に貰うことなく帰りました。
受付で近所の外科的処置のできる病院について聞いてみましたが、2,3人いた人受付の人たち全員「わからない」との返答。
“ああ、やっぱりこの病院には(以下略)”

進行度合や部位で処置方法が違う

近所の病院では外科的処置とやらができないらしいコンジローマ。
ネットで検索してみると
「二泊三日で5万円かかった」
「その日に焼いてもらったけど激痛だった」
「日帰り入院で1万程度」

等々色々な意見が・・(この時点でかなりビビってる)

尖形コンジローマが初期で外側にしかない場合

・ベセルナクリームなる塗り薬で治る
 └少し強い薬なのでただれたりする
 └治るのに少し時間がかかる
 └膣内に入れることはできないので奥にできたイボには対処できない

ということで私のコンジローマは手遅れでしたw

総合病院の婦人科を受診

嘆いてもいられないので次の日には総合病院へ行きました。
レビューによると女性の医師がくっそ感じ悪いらしく、指名をしなかった私は待ち時間の間ひたすら女医に当たらないことを祈ってました()
担当は男性でしたが、今までのどの先生よりも感じいい。というか普通。いや、普通でいいんです今までに小馬鹿にされてきたせいで・・!
既に経緯は話していたので、先生は
「コンジローマですね。手術してレーザーで焼くしか無いんだけど、最短で金曜日だね。日帰りだから夕方には帰れるよ、いける?」
と普通のテンションで2週間くらい先の日を宣告w
“そんなかかるの!?”と思いつつもどうしようもないので了承。
10時間前?くらいから食事をやめて、2時間前からジュースのようなものは控えるように…など指示を受けて、目の前で先生が手術室を抑えてあらかた終了しました。
(ちなみに膣炎も併発してたらしくフラジールも貰うことに)
最後に一応値段を聞くと先生は一覧表を眺めながら「コンジローマ焼灼は5万だね」と言いました。
“ネットで見た額と違うぞ!しかもすごい高い!!”と心の中で動揺しつつにこやかに返事をして診察室を出ました。

その後、術前検査で

採血
胸部レントゲン
検尿
心電図

これらをこなして、手術の手続きをして終了。
お会計は紹介状なしの外来初診だったこともあり1万程度でした。思わぬ出費・・!

長くなるので手術はまた次のエントリーで!

関連記事 :

 - 体験談